ワードプレスの初期設定。これだけはしておきたい8つのこと

ワードプレスの初期設定。これだけはしておきたい8つのこと

面倒臭いのは最初だけ。

生まれたばかりのワードプレスサイト。もしあなたがワードプレスでサイトを作成したなら、最低限はじめに設定しておいて欲しい8つのことがあります。はじめに設定しておけばあとから変更することはほぼありませんので、はじめだけ面倒臭がらずに設定しちゃいましょう。

01. テーマ設定

テーマ(テンプレート)によってガラッとサイトのデザインや管理画面の機能が変わります。さらにSEOにも影響が出てきます。

ワードプレステーマ設定

管理画面→「外観」→「テーマ」で、お好みのワードプレステーマ(テンプレートとも呼びます)を選択し、有効化します。

デフォルトでいくつかのテーマがインストールされているのでそこから選んでもいいですが、【無料ワードプレステーマ】と検索すると、無料で使用可能なワードプレステーマがたくさん出てきますので、その中からお好きなモノを選んでダウンロード→インストールすることも出来ます。

※基本的にサイトのアクセスを集めやすく機能性も高いのは、有料のワードプレステーマとなります。以下で、オススメのテーマをいくつかご紹介いたします。

有料ワードプレステーマ

02. カスタマイズ設定

Webサイトの看板です。

ワードプレスカスタマイズ

ワードプレス設定

管理画面→「外観」→「カスタマイズ」からサイト基本情報を選択し必要項目を入力、画像のアップロードなどを行います。

  1. サイトのタイトルを入力します
  2. キャッチフレーズを入力します
  3. サイトアイコンをアップロードします

03. 一般設定

サイトの基本の設定です。

ワードプレス設定

ワードプレス設定

管理画面→「設定」→「一般」で必要項目を入力し、最後に「変更を保存」します。

  1. サイトのタイトルを入力します
  2. キャッチフレーズを入力します
  3. WordPress アドレス (URL)をhttpにsを入れたモノにします(https://)
  4. サイトアドレス (URL)を同上にします
  5. 自身のメールアドレスを入力します
  6. 新規ユーザーのデフォルト権限グループを「購読者」にします
  7. サイトの言語を「日本語」にします
  8. タイムゾーンを「東京」にします(日本在住の場合)
  9. 日付のフォーマットはお好みで選択します
  10. 時刻フォーマットもお好みで選択します
  11. 週の始まりは「月曜日」にします

04. 投稿設定

はじめから少しでもアクセスを増やすための施作です。

ワードプレス設定

管理画面→「設定」→「投稿設定」で必要項目を入力し、「変更を保存」します。

ここで入力する項目は一つだけで、「更新情報サービス」のみとなります。サイトに記事を追加した時など、サイトの更新をここで入力した先に通知してくれる機能(ping送信とも言います)です。ただ、通知先が多すぎるとデメリットも生じるので、10〜15つくらいに抑えておきます。

現在のオススメ送信先 ※送信先はサービスが終了したりなどで変動があります

下記を全てコピーして「更新情報サービス」に貼り付けて下さい。必ず一つのURLごとに改行されているか確認して下さい。

http://rpc.pingomatic.com/

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blogsearch.google.com/ping/RPC2

http://ping.blo.gs/http://ping.blogranking.net/

http://ping.dendou.jp/

http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/

http://pingoo.jp/ping/

http://ping.feedburner.com/

http://ping.rss.drecom.jp/

http://rpc.weblogs.com/RPC2

http://rpc.pingomatic.com/

http://rpc.reader.livedoor.com/ping

http://www.blogpeople.net/ping/

http://xping.pubsub.com/ping/

05. 表示設定

HP型やブログ型など、サイトに合わせて設定して下さい。

ワードプレス

管理画面→「設定」→「表示設定」でサイトのトップページを動的(最新の投稿)にするか静的(固定ページ)にするかを選択します。

06. パーマリンク設定

SEOにも有効です。

ワードプレス

管理画面→「設定」→「パーマリンク設定」で、「共通設定」→「カスタム構造」を選択し、空白部分に/%postname%を入力(コピペ)します。

07. h1タグの設定

SEOに有効です。

ワードプレス

管理画面→「プラグイン」→「新規追加」からAll in One SEO Packを検索し、インストール→有効化します。

次に、管理画面→「外観」→「テーマの編集」で、画面右側にある「テーマヘッダー(header.php)」を選択し、Webサイトのロゴや名前を記述している箇所に、<h1>○○○<h1>のようにh1タグで囲まれている部分があります。その部分の<h1>と</h1>を削除し、更新します。

その後画面右側にある「個別投稿(single.php)」と「個別投稿ページ(page.php)」に投稿タイトルが表示される箇所があるので、そこのh2をh1に記述を変更します。

テーマを編集するときは必ず現在のデータのバックアップを取っておいて下さい。

→wpxサーバーでのバックアップ方法はこちら(他サーバーでも手順は似ています)

※記述箇所の探し方は for Mac:「command+F」で検索バーを出し、h1と入力して「enter」キーを押せばh1部分だけ色が変わり、どこにあるかを教えてくれます。

※現在世に出回っているワードプレステーマの中には、デフォルトで似たような設定になっていたりしますので、その場合はこの設定は必要ありません。

ワードプレス

通常のタイトルバー部分に入力したモノが「h1」となります。記事編集画面下部のALL in One SEO Packのページごとの設定で入れた「タイトル」がタイトルになり、検索結果でも表示されます。

08. スパム撃退設定

これがないと信じられないくらい大量のスパムコメントがきます。

ワードプレスプラグイン

管理画面→「プラグイン」→「新規追加」からAkismet Anti-Spam(アンチスパム)を検索し、インストール→有効化します。

管理画面→「設定」→「Akismet Anti-Spam(アンチスパム)」でAPIキーを取得、入力します。他は特にデフォルトのままでOKなので、「変更を保存」をクリックします。

ワードプレスカテゴリの最新記事